Que de bonheur!

なんてハッピーな毎日♪

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. つらつら
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

心に栄養

さてさて。行って参りました高原へ。
長野の蓼科には、そうとう久しぶりに。
さすがに涼しくて、い~い気持ちでした!

小さなギャラリーで、ガラス工芸作家の
高橋禎彦さんの作品展がやっていると聞いて
行きたいなぁと思っていました。

場所は、忘我亭さん
1日1組だけ、ギャラリーに泊まって、心行くまで作品と触れ合える。
そんなことを聞いてしまっては、行きたい気持ちが膨れてしまうではアリマセンか。

個展は、12日まで。あぁ、もおう辛抱たまらん!(どんなよ)
電話、してみました。最初はランチできるかな?と思って。
でも聞いてみたら、なんと明日ご宿泊できます。ですって!!!!

なんて素晴らしいラッキー!!
かくしていそいそと車を走らせてきました。
お盆休みギリギリ直前?と思って、実家への道はもうすでに混んでる・・・
がびょーん。。。これはいかんかもなぁ。。。とかこわごわ高速にのって

空いてた~~~~☆いえ~~~~い!!

むふふふふふ。
途中少しゆっくりになりましたが、すいすいと
お昼過ぎに出て、3時半ごろ到着~
休憩もしたし、素晴らしいドライブ日和だったし、
これから見る作品の事や、お夕飯のこと。。。あぁたのしみっ

お夕飯までに時間があったので、近所のバラクライングリッシュガーデン
木漏れ日そして、夕暮れせまる中
ゆったりとした時間が流れていました。
今はなんと、英国から妖精さんが来てくれていますよ!!
24日まで水曜を除く毎日、歌ってくれるそうです。
なんて素敵なんでしょう。

素敵と言えば、ペルシャ絨毯のひとつ、ギャベを園内で販売していました。
清里から来られているそうです。
イランの絨毯、小さいものは座布団代わりになる大きさ。
触って心地良く、車のシートに敷いたら運転らくらく~気持ちよい!
絵柄もとても可愛くて、すっかりとりこになってしまいました。

さてさてさて。
帰ってきてディナーの前に、CDを聴いたりして
くつろいで。。。
どこへも行かなくても、いいなぁ。ここは。
居間でずっと本を読んでいても、イイかも^^

な~んて。さぁ、食べよう!!!!
飲んじゃおう!(←コレ大事)

当日は私達の他に、近隣の別荘からお客様が
3組いらっしゃいました。

高橋さんのグラスで、赤ワインを頂くヨロコビ。
味が違って面白い!!!!
高橋さんの作るワイングラスで、赤ワインを飲むと
味がまろやかになるという大発見!はウチが最初なんですよ^^
とシェフ。

シェフ曰く、ヴァンナチュールでは、こうはならないとのこと。
それも、面白いお話ですね。
ヴァンナチュール、楽しみにしていましたが
そう言われては、違うのを飲みましょう^^

以前、こちらで個展を開催した作家さんや、なじみの作家さん
彼らの器も使ってのディナー。

アートと食のマリアージュです。
贅沢な時間だなぁ。。。嬉しいなぁ。。。

内田鋼一さんという陶芸家さんの作品も、
美しいばかりか盛るお料理を引き立てる・・・あぁ、楽しいなぁ
おいしいなぁ。。。しやわせ~

ほんとうに、美しい時間が過ごせました。
このお料理そしてギャラリー、オーナーご夫妻。。。
お会いできて光栄です。

オマール前菜
前菜からテンション上がる誂え。

えんどう豆とホタテグレフル
このえんどう豆のスープも絶品!ホタテとグレープフルーツを
スープに浸してから口に運ぶと、
別世界が広がります。極楽を見たね。うん。

沖縄そばジェノベーゼ
沖縄そばをパスタジェノベーゼに仕立てた一品。
ジェノベーゼソースにコクがあって、ナッツを変えているんだと思い
聞いてみたらば胡桃!
ピーナツかと思ったそうか、なるほど・・・
他にもドライトマトやお出汁など、工夫がなされているそうです。
あぁ、しやわせだよ。。。

じゃこピーマン
おじゃこのご飯には、ピーマンをあわせて。

beef.jpg
最後のお肉もやわらか~~~

icecream.jpgchococheese.jpg
アイス食べて、ケーキも食べて。。。


なんということでしょう!
私はもう、自分でご飯を作らなくてもいいや。と思いました。
ここへ来れば、こんな美味しい物が食べられるんだもの。

その割には、写真を撮ってメモをして(笑)
えんどう豆のスープは、真似したいかもなぁ。
再現は無理だとして、近いものができたら素敵じゃないですか。

みどりいろのスープに、クリームがさっとひいてあって、
ちょっと工夫してある帆立とグレープフルーツのお団子を
すこしだけずつ浸して食べる。。。
あぁ!!!

そして、至福のディナーのあと、気になる作品を
お部屋へ持ち帰り愛でる事もできるのです。
さわれないもの
この作品の名前は、「さわれないもの」だそうです。

ふたのところ、とれやすいようで、セロテープで
とめてあります。ふふふ。


翌日の朝食は、テラスで。

なにもかも、嬉しかったですね。






 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。