試作の日々

とり肉じゃが

冷凍庫のしらすを使って、おこわ。
もち米も古古米くらいな感じのを発掘したので、
使わないと、とおもって。

おこわ、今回で二度目の挑戦です。
もっちり炊けてなくて、ひょっとしてコレは
もち米じゃなかったのか?疑惑が持ち上がりました。
味付けは昆布と塩少々のみ。

炊き込みご飯は、昆布で炊く。
炊き上がってスグに昆布を食べるのが好き(笑)
非常に淡白な味付けです。
おかずには、とり肉じゃがを作りました。
とり肉で煮物と言えば、
五目豆とか炒り鶏とか定番がありますね。

じゃがいもと人参ゴロゴロの、
肉じゃがが食べたかったんです…
両方のいいとこ取りしようかな、と思って。
肉じゃがって、他に何を入れるっけ?
とか思いながらシンプルに。

甘く味付けて、まんぞく。
つゆだくにして、お味噌汁はパス。


お稲荷さん
別の日には、お稲荷さんをどーん。
中身は、新生姜の千切りと白ごまに干した大根の葉。
お揚げさんを煮るのに、これまた薄味で。
おかずと食べるためのお稲荷さんになりました。

ところで、胡麻を久しぶりに炒りました。
フライパンで。

胡麻を炒ると、本当に香ばしくて、
たっぷり加えた後もそのまま食べてました。
焦がすのが怖くて、ちょっと時間かかってしまったけど、
その甲斐ある美味しさ。

ひと手間かける価値は、
忘れないようにしないとね。(自分メモ)

チーズが食べたくなって、
色々詰め合わせになっているのを買った。
ちょっとずつ6種。お値打ち。

うーん…当たり前なんだけどね…
需要もわかるし、現に自分も買ってるんだけど
うーん…


もっと美味しいチーズが食べたい。

贅沢な悩みなんだべかな〜

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ