Que de bonheur!

なんてハッピーな毎日♪

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. つらつら
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

グローバルフェスタ@日比谷公園

Globalfesta.jpg
日比谷公園で開催の「グローバルフェスタ2014」に行って参りました。

Yちゃんのお知り合いが出展しているとのことで、お誘いを受けて。
お恥ずかしいことにどんな感じかわからず、知らずに行きました。
結果、とっても素敵な体験をしました~感動が一杯だった!

OSTAppl.jpg
OISCAという団体さんの方々。
スタッフの方と、木を植えるプロジェクトで来日している子供たちと先生。
無理やり写真をお願いしたとは、思えないほど良い笑顔(笑)

OISCAさんの「子供の森」計画とは(HPより)
「子供の森」計画(CFP:Children’s Forest Program)の目的は、
子どもたち自身が、学校の敷地や隣接地で苗木を植えて育てていく実践活動を通じて
「自然を愛する心」「緑を大切にする気持ち」を養いながら、
地球の緑化を進めていこうというプログラムです。
1991年にはじまったこの活動は、2014年3月末現在、
33の国・地域の4,650の学校が参加するまでにその輪が広がっています。


ただ単に木を植えるお金を寄付するだけではなく、現地の子供たちと共に
活動する中で、次世代をになう彼らの心の成長にも寄与できる活動ではないかなぁ。
好きだなぁ。

glofes3.jpg
IVY youthの皆さんと。
カンボジアの子供たちのために、算数のドリルを作って、
学校に寄付する活動をしているそうです。
東北の大学生が中心だそうですよ。

フェスでは、カンボジア語で名前を書いて荷物につけるネームタグを作らせてもらいました。
カンボジアの美しい名所が印刷されているカードの裏に、名前を書くようになっているの。

カンボジア文字で、自分の名前を書いてとても親近感が湧きました。
ネームタグを書かせてもらって500円寄付。
この500円で、算数のドリルが3冊分。
本当に足りない学校から、順次送っていくと教えてもらいました。

皆さん、実際に現地に足を運んで、学校の状況リサーチから
算数のドリルを作るところから持って行って配布するまでやってるんだって!!!!
大学生なのよ。

文字が難しいー!!と騒いでいたら、通りかかったカンボジアからの留学生ちゃんが
先生として教えてくれました!!ラッキー
glofes4.jpg
私の後ろのメガネの彼女と、くみの隣の子が、カンボジアからの留学生。
とってもキュートな彼女達でした。どうもありがとう!!大切にします!

早速、来週のジャカルタ行きに付けていきますよ~~~
どうもありがとう!!
IVYyouthさんのフェイスブック、とても興味深い内容が盛り沢山ですので
チェキラ!してみてください。

日比谷公園には、ほぼ初めて!とても気持ちの良い場所で大好きになりました。
しょっちゅう行きたい!!徒歩圏内に住みたい!!と吠えてたら、
「ペニンシュラに泊まって来ればいいじゃない?」
と言われました。ナイスアイディア!!
そういう生活、良いね^^できるようになろう。

フェスの参加も初めてでした。
大学生が大勢参加していて、とても嬉しくなりました。
ゼミでこういった活動をされていると言うお話を、あちこちで聞きました。

大使館や、大手企業の協賛もあってこそ、のフェスでしょうけれども
未来に向かって少しでも良くしていこう、そんな気持ちを
改めて持ちました。

いつだって、きっかけは小さなことで、それでも良いんです。
誘ってくれたYちゃん、一緒に行こうといってくれたくみに感謝です。
palestinefriends.jpg
のっぽのおじさんは、パレスチナからのイサームさん。
そして奥は、神田にあるレストラン「アルミーナ」のシェフ、シャディさん。
ありがとうございました~





 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。