Que de bonheur!

なんてハッピーな毎日♪

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. つらつら
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

向源

口から入るもので、身体はできている!
Yokoです^^

連休の真っ只中、5月2日・3日と、東京のど真ん中でお寺・神社イベントがあります。
その名も「向源~未来はあなたの手の中に~」 
HPは、こちら=>☆☆☆

2014年のオフィシャル動画はこちら=>☆☆☆

東京タワーのふもと、増上寺にて。
お寺も神社も集まって、音楽(雅楽や能も!)その他のカルチャーイベントがいっぺんに楽しめるという
ものすごい贅沢なチャンス。
もう何があるのかは公式HPで!見るだけでものすごいから!

そもそもなぜ、私がこのイベントを知ったのか。

それは、浅草の緑泉寺ご住職、青江覚峰さんとの出会いがあったので。
話せば長いのですが、浅草の美味しい和食やさん、浅草 おとOTOでの邂逅がありましたの
おとへは初めてでしたが、オーナーさんである畑谷氏のお誘いを受けて
畑谷氏と知り合うきっかけをくれた、あそみさんみさこさんとご一緒させていただいたのです。

あそみさんもみさこさんも、食に関るお仕事をバリバリされててカッコいいんです!
畑谷さんも、すごいビジョンを持っていて、皆さんと話をできる幸運に感謝しかありません。

で。その畑谷さんから。。。
「MBAをアメリカで取ったお坊さんが、精進料理をNHKで教えてる」
「ここ(おと)で 座禅と出汁の会 を青江さんとコラボしてやったんだよ」
みたいなざっくりした話を聞いて、日本酒飲みながら超盛り上がってたら
なんと、ご本人登場という・・・びっくりしすぎて感動した・・・

そして、青江さんから「向源」のお話を聞いて
こりゃいかんならん!!!と1人で大興奮してその場で青江さんのご著書を注文したという。。。

そういう経緯からでした。

その日集まっていた方々は、並々ならぬ食のエキスパートばかりでしたし
伝えていくものとしての食のあり方なども、話題になっていました。

そこへ覚峰さんが登場したことで、一気に(私の中で)心と身体の繋がりにシフトし
仏教の持つ、人としてのあり方と、人はどう生きるかということの教えに思いを馳せ
どう生きるかは、どう食べるかなのではないかと酔っ払いつつ考える私でした
どう食べるかで、どう生きるかが決まるといってもいいね。

私はこのところずっと、口から入るものが身体をつくる!と言い続けていますが
そんなの当たり前のこんこんちきなんだよ!ということはともかく
栄養が満点でも、心が潤うか とか
身体が健康であることが幸せの大前提 とか
心が踏ん張れない時は健康は維持できない とか
美味しくなければ、食べるかいがない とか
もう色々なことがざばーん!がちっと!繋がったような気持ちになりました。

皆さんと話していることで、そうだ!そうなんだ!という感覚がどどどどどど~って
押し寄せて最高に感動していました。(感動しすぎ)

私にできることは、なんなのだ!というこの気持ち。
いち消費者であるだけの私は、食い散らかすだけでなく何ができるのか。

食は、体を作る基本でありますので、そこから色んな方向に繋がり広がり
そしてまた戻る。大ざっぱにいうと、それが私の世界なのです。
カルチャーも経済も世界平和も、食と切り離しては考えられない私。。。
 
だから口から入るものを、吟味する
どこから来たかを、考える
どうなっていくかを考える

大きな曼荼羅をみるようでもあります

そんなわけで、「向源」にいくのであります。



 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。